2007年08月03日

派遣労働者、どうなん、それ・・・3部作

派遣業者から郵便が届き内容確認すると 派遣労働者雇入通知書だ。普通なら これは契約更新が決まってから本人に届くもの 更新は8月20日のはずだし 今、届くはずのないもの 間違いかと思い、派遣の営業に そっこー連絡。

厚生労働省が9月16日に発表した派遣労働者実態調査結果によると、 派遣労働者が働いている事業所は全体の約3割。そのうちの約半数でこの1年間に派遣労働者が増加していることが分かりました。



派遣労働者とは
労働者派遣(ろうどうしゃはけん)とは雇用形態の一つで、事業主(派遣元という)が自分が雇用する労働者を自分のために労働させるのではなく、他の事業主(派遣先という)に派遣して派遣先の指揮命令を受けて派遣先のために労働させる事をいう。
この雇用形態の労働者のことを一般に派遣社員(はけんしゃいん)といい、雇用関係は派遣元と派遣社員の間に存在するが、指揮命令関係は派遣先と派遣社員の間に存在するのが特徴である。


派遣法の弾力化と派遣労働者の保護派遣法の弾力化と派遣労働者の保護
ドイツの派遣法を中心に大阪経済大学研究叢書 著者:大橋範雄出版社:法律文化社サイズ:単行本ページ数:348,発行年月:1999年10月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)ドイツにおいては1980年代半ば以降労働法の弾力化が急速に進行し、それにともない派遣労働の規制緩和も実施されてきた。本書はその中にあって派遣労働者の保護がどのように図られてきたのかという点を中心に検討を加え、ドイツの派遣法における派遣労導者保護の法構造を明らかにしたものである。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 「業として」の派遣と派遣労働者の保護/第2章 「擬制労働関係」による派遣労働者の保護/第3章 違法派遣と派遣労働者の保護?被用者派遣法10条2項にいう派遣元に対する損害賠償請求権を中心として/第4章 建設業における派遣労働の禁止?1982年雇用促進法12条の制定を中心として/第5章 西ドイツにおける外国人違法就労と外国人労働者派遣の動向?ドイツ再統一直前の状況/第6章 ドイツにおける派遣労働の現状と問題点?連邦政府の派遣法の適用状況に関する七次報告を中心として/第7章 派遣法の弾力化と派遣労働者の権利保護?派遣期間の上限の延長を中心として/第8章 反復派遣に際しての「派遣先」概念と「中断」期間/第9章 労働者派遣事業制度の改正に関する中職審「建議」の検討この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 社会> 労働




posted by 派遣ジョブ at 01:48| 派遣で働くなら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。