2007年08月15日

派遣、求人サイト

さきほどの 黒酢 バナナ の 「 派遣 スタッフ 教育 かかり and 福祉ビュー ティア ドバイ ザー ブログ 」とか、 うまく ブログ を 活用 できてるなあ。24時間体勢で 劇作家ドライマンも危険因子の一人とされ、国家安全保障局から、 ウィースラーという、盗聴員が派遣される。

ウィースラーはドライマンのアパートの屋根裏に潜み、 日々盗聴を続ける。

派遣とは
派遣(はけん)とは、特定の仕事を与えて特定の場所へ赴かせること。
「人材派遣」(労働者派遣)又は「派遣社員」の略。


派遣のリアル派遣のリアル
300万人の悲鳴が聞こえる宝島社新書 著者:門倉貴史出版社:宝島社サイズ:新書ページ数:222p発行年月:2007年08月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)ワンコールワーカー、偽装請負、データ装備費問題、ネットカフェ難民…「ハケン」から日本の未来が見えてくる。『ワーキングプア』の門倉貴史が鋭く問う!派遣労働者、大手派遣会社社員への取材ドキュメントも10本収録。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 日給6000円で働く人たち(拡大する日本の人材派遣市場/派遣会社の形態あれこれ ほか)/第2章 10分で分かる派遣の歴史(1985年までは禁じ手だった日本の派遣ビジネス/1966年に米国の人材派遣会社が日本に上陸 ほか)/第3章 使い捨てられる女性派遣の現実(理想と現実のギャップが大きい派遣の世界/増加する女性の派遣社員 ほか)/第4章 ネットカフェ難民と団塊派遣(ホームレスが減少する傍らで増える「ネットカフェ難民」/「ネットカフェ難民」になりやすい「ワンコール・ワーカー」 ほか)/第5章 労働ビッグバンは派遣に何をもたらすのか?(「労働ビッグバン」は派遣社員を救えるのか?/骨抜きになった労働契約法案 ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)門倉貴史(カドクラタカシ)エコノミスト。1971年神奈川県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。専攻はマクロ経済学。同大学卒業後、横浜銀行のシンクタンク浜銀総合研究所の研究員となる。社団法人日本経済研究センター、東南アジア経済研究所(シンガポール)への出向を経て、2002年に第一生命経済研究所に移籍、経済調査部主任エコノミストになる。2005年7月からは、BRICs経済研究所の代表に就任。専門は、日米経済、アジア経済、BRICs経済、地下経済と多岐にわたる。同志社大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 流通




posted by 派遣ジョブ at 10:03| 派遣で働くなら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。