2007年08月16日

派遣、9月からムンバイ

このブログの目的は、日本の大手渉外法律事務所の弁護士が、何の因果かインドの法律事務所で派遣研修することになったことから、インドの法律事情や規制関係の真面目な話をこつこつとアップしていくことです。2週間後の朝、駐米公使の高平小五郎から電話があった。

アメリカで親日世論を起こして米国を味方につけるべく派遣された全権大使・金子堅太郎がニューヨークに着いたので、ぜひ会ってほしい、というのである。

派遣とは
派遣(はけん)とは、特定の仕事を与えて特定の場所へ赴かせること。
「人材派遣」(労働者派遣)又は「派遣社員」の略。


幽霊派遣会社幽霊派遣会社
著者:エヴァ・イボットソン/さんべりつこ出版社:偕成社サイズ:単行本ページ数:245p発行年月:2006年06月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)魔女になるための夜間学校でしりあったミス・プリングルとミセス・マナリングは、幽霊が見えるという能力をいかして、幽霊派遣会社をつくることにした。家がなくてこまっている幽霊と幽霊をひきとりたいという人間の仲介をするのだ。ふたりの事務所には、人のいいおだやかな幽霊の家族やもと貴族のいかにもおそろしげな幽霊の夫妻が、それぞれにふさわしいすみかを求めてたずねてきた。小学校高学年から。【著者情報】(「BOOK」データベースより)イボットソン,エヴァ(Ibbotson,Eva)1925年、ウィーンに生まれる。その後、ナチスの台頭によって家族でイギリスに移住。生理学を学び、科学者の夫と結婚したあと作品を書きはじめる。幽霊や魔法使いが登場するファンタジーを中心に、その奇抜なアイディアとウィット、たくみな語り口が子どもから大人まで幅広い人気を集めている。Journey to the River Seaでスマーティーズ賞金賞、The Star of Kazanでスマーティーズ賞銀賞を受賞三辺律子(サンベリツコ)英米文学翻訳家。白百合女子大学大学院修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 絵本・児童書・図鑑> 児童書> 児童書(外国)




posted by 派遣ジョブ at 11:26| 派遣で働くなら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。